HACCP

HACCPとは

会社情報HACCPとは「Hazard Analysis and Critical Control Point」の略で、従来の衛生管理である、「つけない、増やさない、殺す」と言う概念をよりわかりやすくしたものです。
この3つをより具体的に定めて、且つ、誰に責任があるかを明確にするために記録を残すというのが、HACCPの基本的な考え方です。
HACCPはこの3つの要因を意識的に制御して危害そのものの発生を防ぐという考え方で、お客さまへの安心・安全のための取り組みとなります。

当社の取り組み

  • 衛生管理点検表

  • 各部屋の温度管理(1日3回)

  • 冷蔵庫・冷凍庫の温度チェック(1日3回)

  • 作業時間の開始・終了時間の管理

  • 清掃点検表の実施

会社概要

5S活動は、食品の安全を確保していく上で基本となります。5Sがきちんと機能していないとHACCPは有効に機能しません。
5Sは「整理」、「整頓」、「清掃」、「清潔」、「習慣」であり5つをローマ字にした時(Seiri、 Seiton、Seisou、Seiketsu、Shuukan)の頭文字の「S」をとって5Sと名付けられました。この活動の目的は「清潔」で、食品に悪影響を及ぼさない状態を作ることです。5S活動を実行し、食品の製造環境と製造機械・器具を清潔にすることで食品への二次汚染や異物混入を予防することができます。

5Sとは(毎日の欠かせない活動)

  • 整理

    要らない物を撤去する。

  • 整頓

    置く場所を決め、管理する。

  • 清掃

    汚れがない状況にする。

  • 清潔

    整理、整頓、清掃ができていて、綺麗な状態を保つ。

  • 習慣

    要ルールを伝え、ルール通りに実施することを習慣化する。

会社情報業務内容工場紹介取扱商品

病院・保育園・老人施設・学校の給食や食堂などのご担当者様、お気軽にご相談ください。

札幌市の有限会社千葉水産へのお問い合わせは 電話番号011-784-2453

ページトップへ